スクラブとナースシューズで医療と戦う|ニーズに適したナース服

看護師

ナースの必需品

man

ナースシューズは、清潔感のある靴として、医療現場では重宝されているアイテムです。そのため、ナースシューズを義務付けている病院も少なくありません。また、看護師はナースシューズを選ぶのに苦労するといえます。ナースシューズにはさまざまな種類があるので、自分に適したナースシューズを選ぶのに苦労してしまいます。ナースシューズを選ぶ際は、病院のルールに従い、自分の足に適したものを選びましょう。ナースシューズには、かかとがないスリッパタイプやクロックスタイプなどがあります。靴タイプのナースシューズもありますが、病院によって禁止されているタイプのものもあります。ルールに従い、自分の足に負担が掛からないものを選ぶと、働きやすいといえます。また、ナースシューズによっては外反母趾になりにくい、締め付けないタイプもあります。長時間動き回る業務なので、ナースシューズはきちんと選びましょう。

注射器などをよく使用する病棟では、注射針の落下を考えてつま先が隠れるタイプのナースシューズを選びましょう。また、ナースシューズを選ぶ際、フィット感を大事にする人が多くいます。走ったり、急な方向転換をしたりしても脱げることがなく、さらに、パタパタと音がならないものが適切です。また、足にフィットしないものは靴ずれしやすいといえるので注意しましょう。フィット感があるからといって、脱ぎ履きしにくいものは業務に支障をきたしてしまうといえます。産婦人科など、ナースシューズの脱ぎ履きが多い職場では、脱ぎ履きしやすいタイプのナースシューズを選ぶことが大切です。また、ナースシューズは安い値段を重視してしまうと返ってすぐに劣化してしまい、結果的に高い費用が掛かる可能性があります。丈夫で機能性に優れているナースシューズを購入すると適切です。